明和会について

基本方針
…理念、基本姿勢

明和会のあゆみ
…これまでの歴史や沿革

組織紹介
…運営組織や施設の組織図

交通アクセス
…交通手段と周辺地図

                   ≫TOP

昭和41年11月
厚生省より社会福祉法人の設立を許可される
昭和42年 3月
知的障害者更生施設「袋井学園」(定員30名)開設
4月 「袋井学園」の定員20人増員し、定員50人とする
昭和47年 4月
「袋井学園」の定員5人増員し、定員55人とする
昭和48年 4月
天皇陛下より御下賜金を賜う
昭和50年 4月
「袋井学園」の定員30人増員し、定員85人とする

知的障害者通勤寮「広岡通勤寮」(定員20人)を開設
昭和53年 4月
知的障害者更生施設「あきは寮」(定員50人)を開設
昭和54年 4月
児童福祉法に基づく保育所「明和第一保育園」(定員90人)を開設
  心身障害者生活寮「旭町ホーム」(定員5人)を開設
昭和55年 4月
「あきは寮」に通所部を併設、定員60人(入所50人、通所10人)とする
心身障害者生活寮「第二旭町ホーム」(定員5人)を開設
昭和56年 4月
赤鳥居ストアー開店
昭和57年 4月 心身障害者生活寮「山科ホーム」(定員5人)を開設
昭和59年 6月 心身障害者生活寮「あすなろホーム」(定員5人)を開設
昭和61年 4月 「あきは寮」の定員40人増員し、定員100人(入所90人、通所10人)とする
昭和62年 3月
明和会創立二十周年を迎える
4月
心身障害者小規模授産施設「つばさ共同作業所」開設
平成 元年 4月 心身障害者生活寮「泉町ホーム」(定員5人)開設
7月
特別養護老人ホーム「明和苑」(定員50人)を開設
[ショートステイ・デイサービス併設]
「つばさ共同作業所」の定員10人増員し、定員20人とする
平成 2年 4月 生活寮の定員を各寮1名増員し、6人とする
平成 3年 4月
グループホーム「広岡の家」開設
10月 「広岡通勤寮」に生活支援センターを設置
11月 八谷理事長が藍綬褒章を受章する
平成 5年 4月 「明和第二保育園」(定員90人)を開設
  「明和苑」に高齢者介護支援センターを開設
  「明和苑」にホームヘルプサービス事業開始
  県営堀越住宅内にグループホーム「堀越の家」を開設
  グループホーム「第三旭町ホーム」開設
  グループホーム「第二山科ホーム」開設
平成 6年 4月
重度障害児(者)生活訓練ホーム「あゆみの家」の運営をはじめる
平成 7年 4月 「袋井学園」居住棟増築に伴い、定員20人増員し、定員105人とする
平成 8年 4月 生活寮を制度変更しグループホームとし、9グループ体制を整える
明和苑の定員30人増員し、定員80人とする
10月
「袋井学園」地域療育等支援事業開始
  「広岡通勤寮」の生活支援センターと伴わせ、地域支援体制の整備を行なう
平成12年 4月
「めいわ可睡保育園」(定員90人)を開設
  「めいわ可睡保育園」に 併設して「袋井子育て支援センター」の運営をはじめる
養護老人ホーム「袋井市可睡寮」(定員50人)の運営をはじめる
「明和苑」居宅介護支援事業開始
平成13年 9月
「明和苑」訪問入浴介護事業開始
平成14年 7月
つばさ共同作業所が知的障害者小規模通所授産施設に種別変更(定員19人)
10月
障害者就業・生活支援センターの指定を受け、業務を開始する
平成15年 4月
支援費事業始まる(袋井学園、あきは寮)
平成16年10月 「つばさ共同作業所」を廃止し、知的障害者通所授産施設「ワークスつばさ」(定員50人)を開設
10月 袋井学園に通所部を併設入所90人通所15人とする。
平成17年1月 グループホーム「スプリングヒル」を廃止し「月見ハイツ」を開設。
4月 中東遠地域障害者就労支援事業として「ワークラック」を開始する
4月 グループホーム「愛野ホーム」を開設。
4月 中東遠地域障害者就労支援事業の開始。
8月 明和第一保育園で「一時預かり保育」を開始する。
10月 袋井市より巡回型子育て支援センター 子育てサポートキャラバン 「くるクル」の事業委託を受ける
平成18年4月 障害者自立支援法が施行される(袋井学園・あきは寮・ワークスつばさ・GH)
4月 介護保険法改正に伴い開設された袋井北部地域包括支援センターの事業委託を受ける
10月 デイサービスセンター「明和からす森」(定員25人)を開始する。  
10月 制度変更に伴いグループホーム(知的障害者地域援助事業)から、
共同生活介護(ケアホーム)と共同生活援助(グループホーム)に移行する
平成19年4月 袋井市民病院 院内保育所「さくら保育園」の事業委託を受ける
平成21年4月 袋井学園の定員を90人から60人へ、あきは寮の定員を90人から80人に削減し、
ケアホーム・グループホームの定員を45人から60人に増員する。
11月 「メイちゃんのパン屋さん」OPEN!
平成22年3月 袋井学園(施設入所支援・生活介護)・あきは寮(施設入所支援・生活介護)・
ワークスつばさ (生活介護・就労移行支援・就労継続支援B型) へ移行する
3月 知的障害者通勤寮「広岡通勤寮」廃止。
平成23年3月 袋井学園の改築工事が竣工される。
平成23年4月 森町に「ワークスつばさ もみの木分場」を開所する。
平成24年3月 あきは寮の改築工事が竣工される。
平成24年4月 「あきは寮 あゆみの家分場」を開始する。
 5月 相談支援センター「めいわラック」を開始する。
 11月 明和苑 訪問入浴介護事業廃止。
平成25年4月 障害者総合支援法が施行される。
4月 袋井市民病院 院内保育所「さくら保育園」の事業委託が終了する。
5月 中東遠総合医療センター 院内保育所「ことり保育園」の運営委託を受ける。
平成26年4月 制度変更に伴い共同生活介護(ケアホーム)が共同生活援助(グループホーム)に一体化する。
袋井市立可睡寮の指定管理を平成30年度まで継続することになる。
      平成28年11月 明和会創立50周年記念式典を行う
       平成29年 1月  めいわ月見保育園新築工事が竣工される。
               4月  めいわ月見保育園(定員90人)を開設。

             9月  サービス付き高齢者向け住宅「明和ふかみの里」(入居定員28人)を開設。
              11月  明和ふかみの里デイサービスセンター(定員20人)を開設。
      平成30年 2月  中東遠総合医療センター 院内保育所「ことり保育園」の運営委託を平成35年まで継続することになる。